キミがいる人生

やっぱりキミが好きってやつ

キミがくれたもう1人

世間一般で言われるいわゆる“ゆるヲタ”という“嵐”のDVD、CDテレビのみで楽しむことを五年間続けた私

 

私が嵐を応援していた四年間の間にお母さん、そして妹までが嵐の虜になっていました。

お母さんは松本くんを。妹は二宮くんを。

 

 

大好きで大好きでたまらなかった櫻井翔くんから

 

伊野尾慧くんに浮気しかけていた2015年夏から冬。

 

やっとのことの初参戦で自担がまさかの客に対して怒るという私の中で伊野尾くんにもっともっと火がついてしまいました。

 

DVDやCDを購入し見聞きするうちに私の中で大きくなっていく伊野尾慧くんの存在。

それに押しつぶされるように逆比例で小さくなっていく櫻井翔くんの存在。

 

伊野尾慧くんに会いたい、伊野尾慧くんを生で見てみたい、伊野尾慧くんのことをもっと知りたい。

日々に伊野尾慧くんが溢れていき、一月には伊野尾慧くんに会いたい一心でFCに入っていました。

 

今までゆるヲタだった私がコンサートに行きたいと強く思うようになったのは嵐の素晴らしいエンターテインメントに魅せられてしまったからだと思います。

 

今までのDVDとは違った生の魅力である、その公演にしか存在しない表情、動き、感情、MC、メンバー同士の絡み、衣装の生の輝き、そしてコンサートで一番の期待になるファンサービス。

 

伊野尾慧くんに心奪われている間にも嵐はアルバムこそ出さなかったもののシングル、DVDなどたくさんありました。

宮城DVDが参戦直後に発売されたのでもちろん購入したのですが、もはや私には“嵐”という存在にはトキメキもせず心が動かなくなっていました。

 

 

嵐からHey! Say! JUMPというのは約10歳ぐらいの違いがあります。10年の月日の間にジャニーズのグループはタッキー&翼、NEWS、関ジャニ∞、KAT-TUNと四つもグループがデビューしています。

 

Hey! Say! JUMPに注目した瞬間今まで嵐しか見えていなかった私の目に名前こそ把握していたものの、顔は知らない男の人たちがたくさん入ってくることになります。

Hey! Say! JUMPより上の世代はもちろん下の世代であるキスマイ、Sexy ZoneA.B.C-ZジャニーズWEST更にはジャニーズJrまで把握できるようになりました。

 

なんなんでしょうね、この現象。

誰か教えてほんとに。

私と同じ人絶対いると思うんだよ、珍しくないと思うんだよ、、、

 

 

話がずれまくりましたが言いたいことはHey! Say! JUMPに注目したらジャニーズ全体が見渡せるようになったってことなんですよ。

 

 

更にここでスピード加速させたのが関ジャニ∞の存在です。とにかくコンサートに行きたい、なんのGでもいいから。と友達に宣言していた私に運良く「明後日関ジャニ∞の元気が出るライブあるんだけど行かない?」と声をかけてくれる子がいました。私は二つ返事で行くわけですが、そこで問題となるのが

 

「誰担で行けばいいの」

 

その年は奇跡的に関ジャニ∞のアルバムを借りてウォークマンに入れていた私。音楽には心配はありませんでした(笑)

 

結局大倉担として行ったのですが、関ジャニ∞とにかく嵐と違う。予想してたコンサートはこれじゃない感。あくまで私に合わなかっただけですし、批判しているわけではありませんのでご理解ください。

 

もちろん面白いんです、面白すぎるんです。

バンドで出てくる。生の音とか言うよね。うん。

かっこいいんだよ確かに。でもなんか違うんだよ。

 

1回きりの関ジャニ∞楽しみましたとにかく。

ありがとう関ジャニ∞

 

 

関ジャニ∞のコンサートに行ったことで色んなグループのコンサートにお邪魔したい!と思い立つ私。

 

「もっと行きたい!!!いかせてくれ!!!」