キミがいる人生

やっぱりキミが好きってやつ

グリーンマイル私的メモ

もっとはやく出そうとしてたんですけど忘れてましたごめんなさい🙇‍♀️

グリーンマイル 10月10日 感想

後ろ姿を照らされて出てきてあれは19○○年6月?(ごめんなさい覚えてないです)みたいな語り出して。後ろ髪しか見えなかったけどカッコいいのが見え見えでやっと逢えたねって82日ぶりの加藤くんに感動して涙が出てきて何故か1人だけあの会場で泣いてたと思う(笑) 物音一つしない空間で加藤くんの声だけが響いてて、すごい声が大きくて。でもポールに入り込んでるとはいえ、仕草は加藤シゲアキそのもので。 死刑囚の詳細が書いてある資料を読もうと1枚目めくった時に紙がうまく後ろに曲がらなくて、くしゃってなっちゃってたのほんとに可愛かった 加藤くんが帽子かぶる時は絶対前髪を1回後ろに触ってから被るくせがポールなのに出ちゃってたから自然体で演じつつも、役には自分の経験が生きていくんだなぁって思ってまたまたそこでも加藤くんにキュンキュン(笑)

左手の薬指に指輪してたのが個人的にきゅーんってきた!

看守用の椅子に座って話を聞くシーンで加藤くんお膝におてて置いてたけど、その置き方がいつもと一緒のその角度でおててぐに!ってして痛くないのかな?ってやつだったからあっ!!!加藤シゲアキ!!はい!!ってなってほんとに死にそうだった

若干ポールの水道管のとこはコメディ要素が込められてるのかなって思ってしまったぐらいほんとに面白い格好してて、どんな気持ちなんだろうってなった(笑)痛みがひどくて倒れちゃった時何故か儚く感じて心が痛んだ大丈夫かなって。

コーフィーの能力が初めて使われたときはちょっとびっくりしたけど、ネズミちゃん助けた時にあ、助けるってこのことか。って気づけた。それでもあの青白い光と祈るようなポーズ、そして虫たちがEブロックにやってくる演出はほんとに怖かった気色が悪くて、毎回鳥肌が止まらなかった。

コーフィーの体についている傷はなんだ?って聞いた時わからないって答えていたけれど、少なからずコーフィーには吸い取った相手の害が体の負担になっていることは、助けるという行為のあとの疲弊具合で分かるのに、それでもコーフィーは助けるという行動をし続けてきたわけだし、助けるということが彼の生きる目標なのかなとも思った。まるで自分のためではないことを自分を負担になるならしなくても良いではないか?と思ってしまったがよく考えると、コーフィーが救わないとコーフィーはコーフィー自身の中で救えるものを救えなかったと苦しむことになるわけだし、気づいた時に持った人々を助けるという能力を彼は彼なりに一生懸命使いながら生きてきたんだなと彼の優しさに感動してしまったし、初めてその能力を持った時はどんな戸惑いが生まれたんだろうといろいろと考えた。

看守は死刑を執行することで人を殺しているのか。 この国の人々全員が殺人を犯している それだったらお前は俺の妻も人を殺していると言いたいのか それが民主主義だ、この国が選んだやり方だ 看守にも感情はあるだから最後の晩餐は死刑囚の希望に寄り添う そうやって看守も仕事をしてきた

コーフィーがほんとにありがとうといってポールと握手をすることで彼はポールに残りの寿命を捧げた ポールの周りの人間は全員死んでしまったがポールは寿命を与えられたことで寿命がこない。 お前は生きるという罰を俺に与えたんだな コーフィーは黒い帽子を被らなかったのなんでだろ… 怖いって言うのも本当なんだろうけどなにかポールに伝えたかったのかな……

死刑執行する瞬間のポールの涙が綺麗すぎてほんとにあの涙にまたまた涙腺やられたよ私は。

グリーンマイルは長すぎる…

観劇中も観劇後もこんなに考えさせられるものでほんとにずっしりときた……グリーンマイルの原作を知らない人間だったのでもう話も加藤くんの雑誌とパンフだけ見て行ったんですけど、知らなくてよかったかも。知ってたら多分耐えられなかった(笑)

人生初舞台が加藤くんのグリーンマイルで幸せでした。千秋楽お疲れ様でした☺︎また会いに行くね♥